Just another WordPress site

皆さま、こんにちは

 

カルナドラッグ小坂井店、店長の村松です

 

今年のは、やや遅れ気味なようですが

 

それでも、このところの暖かさと

 

雨のおかげで、ちらほらし始めていますね *さくら*SAYUニコ男

 

このまま一気に満開を迎えそうな桜に合わせて、この時期

 

BBQ(バーベキュー)用品の棚

 

賑わいをみせているんです

 

そうです、お花見にBBQ、潮干狩りでもBBQ

 

新緑の野山で、家の庭や駐車場でもBBQは美味しいです SAYU青

 

もちろん「バーベキューコンロ」「炭」は絶対必需品!

 

ほかにも、あると便利なものがいろいろ揃っています

 

例えば、屋外で火を点けるのは意外に大変です

 

そんなとき頼もしいのが「点火棒」です

 

もちろん、BBQだけじゃなく、お墓詣りでも活躍します

 

BBQと言えば、炭火で焼くのが常識ですが

 

その炭火をすんなり起こすためには「着火剤」が必要です

 

その着火剤のそばには、屋外ならばこその

 

我が家オリジナルの燻製を作られる

 

「さくらのスモークチップス」

 

「折りたたみスモーカー」も並んでいます

 

「金串」「トング」さらに、焼きそばをこぼさないで済む

 

「アルミ製深型プレート」も持って行くと便利です

 

そのほか、忘れてはいけない「軍手」も、ずらり

 

家庭内では、なにかと使い道があるものですから

 

常備品にしておきたいものです

 

もうひとつのご提案がこの↑ 「ほかほかデラックス」

 

本来は、コタツやホットカーペットの保温敷きですが

 

お花見やピクニックでブルーシートの上に敷くと

 

保温力クッションで野外の快適性が、ぐっとアップしま

 

こんな便利グッズで、今年こそ楽しいBBQタイムを

 

満喫してくださいネ~

 

皆さま、こんにちはー!

 

カルナドラッグ小坂井店、店長の村松です

 

昨日(31日)は、あいにくの天候でしたが

 

カルナの園芸売場お花畑

 

春の花は、小花が多いのと色合いが優しいので

 

とても可愛らしい華やかさです

 

こちらは、手前の白い花が「エリカ ホワイトデライト」

 

その右の小さな花は「ライスフラワーオゾサムナス」

 

花が咲き進むとピンクから白へと変化します

 

オーストラリア原産で、乾燥を好むのであまり雨に当てないように

 

鉢植えにして、軒下に移動できるように育てましょう

 

奥の青い花は「青色ナスタチューム」です

 

こちらの手前のピンクもエリカの仲間で

 

「エリカ シャミソニス」と言います

 

エリカの仲間は740種もあると云われていますが

 

小さな花がぎっしり咲く、人気の花木です

 

その上は「エレモフィラ」で、銀色の葉茎に青紫の花が

 

高貴なイメージで最近人気です

 

ライスフラワーと同じオーストラリア原産で、乾燥を好みます

 

反対に、ぐっと明るくにぎやかな花色の「セイ」

 

オステオスペルマムの1品種ですが、この種は切り戻しをしても

 

あまり多く二度咲きすることはないそうです

 

これもエリカの仲間「フォーシスターズヒース」

 

南アフリカ原産ですが、かなり耐寒性があります

 

加湿、乾燥、どちらにも弱いので、水やりは、お気を付けを

 

明るくてぱっとした印象の「ムルチコーレ」「キンセンカ」

 

どちらも春に咲いて、花後は枯れる1年草なので種が採れたら

 

秋に蒔いて、来年また楽しみましょう

 

こちらも春らしい赤やピンクの「アルメリア」

 

下の白い花は「ザルジアンスキア」は、夜開性の花で

 

夜になると芳香を漂わせる妖しい花(?)なのです

 

ちょっと変わった感じの「フロックス」は、クリーム色の斑入り葉と

 

春に咲く青紫色の花とのコントラストが美しい這性の宿根草です

 

耐寒性に優れ、低温期は葉が赤みを帯びてトリカラーになります

 

花だけでなく、この時期は野菜苗もどっと入荷します

 

こちらには「生姜」「里芋」「ジャガイモ」「玉ネギ」

 

反対側は「ナス」「ピーマン」「ししとう」「ミニトマト」

 

「イチゴ」「ブロッコリー」「パセリ」「早生ハクサイ」

 

みんな、今が植え時、育て時ですよ~

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちはー!

 

カルナドラッグ小坂井店の杉浦です

 

もうすぐ春本番を迎える、と言うのに

 

カルナでは、その先の夏の用意も始まっています

 

それが、この金魚メダカ水草売場です

 

そうです、春のお彼岸頃に用意をしてるんですねぇ SAYUニコ

 

ホテイアオイは、今人気で、どんどん売れています

 

お子さんに人気の「小赤」「メダカ」

 

メダカって、今や赤色のイメージですね、昔は銀色?だったのに…

 

こちらの金魚リュウキン、らんちゅう、シュブンキン等)

 

錦鯉は、大きな魚を育てる、中級者向きです

 

金魚を飼うとなると、初めての方や

 

今度は、大きな水槽にしよう!

 

という皆さまは、店内の水槽・金魚鉢コーナーにどうぞ

 

どの容器も、お魚を入れ過ぎないことが、大切です

 

次に、エサが必要です(魚種に合うエサを選びましょう)

 

昔みたいにパンくずをやっておく、なんてのは今はありません

 

お魚のために栄養バランスを考えたエサをお選びください

 

大きく育てたい金魚や鯉には↑このエサ

 

栄養バランスが考えられているのはもちろん

 

動物タンパクと植物他タンパクがミックスされ

 

食欲が増すニンニクとエビが配合されています

 

こちら↑は口の大きな鯉用のエサで、中粒になっていて

 

栄養バランスよく、食欲を増すエビとニンニクも配合されています

 

飼って1 日目は、環境の変化で魚が落ち着かないので、エサはあげません


基本的にエサの分量は、魚が3~4分で食べ切れる量にし

 

1日に2~3回与える程度です(食べ残しで水が汚れるので)

 

 

エサと並んでもうひとつ欠かせないのが、きれいな水環境です SAYUにこ

 

水槽や金魚鉢に魚を入れ過ぎないことと

 

水そのものをきれいにしておく必要があります

 

そのためのろ過フィルターや交換材が必要です

 

それでも定期的な水換えは必要で

 

大体2週間程度の目安で換えるのですが

 

その時、汚れを食べるバクテリアが減るので、一度に全部は換えず

 

2週毎に半分ずつ換えるようにしましょう

 

また、汚れを食べてくれるバクテリアを追加する手もあります

 

そのほか、金魚が病気に罹ったときの薬品など

 

もうベテランの飼い主さんもときどき魚飼育の棚を

 

ご覧頂くと、なにかしらの発見があると思います

 

PAGE
TOP