Just another WordPress site

更年期に起こるさまざまなトラブルは、卵巣機能低下による女性ホルモン分泌の減少が原因となっています。

減少の仕方には個人差があり、緩やかに減少していく人と急激に減少する人います。急激に減少するほどホルモンバランスが乱れるため、更年期特有の「ホットフラッシュ」「めまい」などの症状が重くなり、日常生活に支障をきたすほど悪化すると「更年期障害」と診断されます。

更年期障害の治療法にはさまざまなものがありますが、減少した女性ホルモンを薬によって補充することで体への影響を軽減する「ホルモン治療(ホルモン補充治療)」もその一つです。

ホルモン治療は海外では比較的メジャーな方法ですが、日本では「副作用が心配」「なんだか危なそう」というイメージがあるため、洗濯する人が少ないというのが現状です。

今回は、ホルモン治療のメリットとデメリットをご紹介します。

 

ホルモン治療のメリットとデメリット

メリット

ホルモン治療のメリットは、何といっても即効性が高いということです。

更年期のトラブルの原因である女性ホルモンの減少を直接解消するため、更年期の悩みであるホットフラッシュやめまいなどの諸症状はもちろん、骨の強化や肌のうるおいを保つ作用があるエストロゲンが減少することによる骨粗しょう症や乾燥肌などの肌トラブルを予防・改善する効果があります。

さらに、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる自律神経の乱れも予防してくれるので、イライラやうつ症状、不眠といった症状の改善効果も期待できます。

また、ホルモン治療を受けた人はホルモン治療を受けていない人に比べ、認知機能の衰えが少なく、ホルモン治療が認知症の予防になるともいわれています。

 

デメリット

更年期の症状を解消する効果が高いホルモン治療ですが、体質によってはかえってホルモンバランス乱してしまうことがあるほか、子宮内膜症、子宮筋腫、乳腺症などの既往症があるとホルモン治療を受けられないこともあります。

また、妊娠中に起こる「つわり」のような吐き気、胸焼け、PMSのような乳房の張りや下腹部痛が起こることも多く、ときには不正出血を起こすこともあります。

さらに、子宮体がんの発症リスクも上がるといわれています。

しかし、近年はホルモン治療自体の安全性も高まっているほか、治療に使うホルモン剤の量や組み合わせを変えることで副作用やリスクを下げることも可能となっています。

 

まとめ

ホルモン治療は有効性が高く更年期のつらい症状を一気に解消してくれますが、副作用やリスクも伴います。

寝ても立ってもつらいというくらい症状が重い場合はホルモン治療を第一に検討したほうがよいでしょうが、日常生活に支障をきたすほどではないという場合は漢方薬などがおすすめです。

また、ホルモン治療の前に漢方薬やサプリメントなどを試してみたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。

慢性的な倦怠感や体調不良、不眠などに悩み、自律神経失調症を疑って病院を受診したところ、うつ病だと診断された、その逆に、うつ病だと思ったら自律神経失調症だったという話がときどきあります。

うつ病と自律神経失調症は症状などがとても似ているため、区別がつきにくい病気です。

今回は、自律神経失調症とうつ病の共通点と違いをご紹介します。

 

自律神経失調症とうつ病の共通点と違い

どちらもストレスが原因

自律神経失調症とうつ病の主な共通点は、病気の原因が「ストレス」であるということです。

しかし、ストレスには体に負担がかかる「身体的ストレス」と、心に負担がかかる「精神的ストレス」の2種類があり、自律神経失調症は「慢性疲労」「睡眠不足」「食生活の乱れ」といった身体的ストレスが主な原因となるのに対し、うつ病は「身近な人との死別」「職場での人間関係」「モラルハラスメント」など、精神的なストレスが主な原因となる点に違いがあります。

 

同じ症状が出る

自律神経失調症とうつ病では以下の症状が共通して現れます。

 

  • 体の症状

疲れがとれない、息苦しさを感じる、微熱、頭痛、めまい、ふらつき、肩こり、体温調節機能低下、眠れない、食欲がない、胃腸の調子が悪化

  • 心の症状

イライラする、やる気がでない、気分が落ち込む、感情をコントロールできない

 

しかし、自律神経失調症とうつ病では、症状の現れ方に少し違いがあります。

自律神経失調症は、自律神経の乱れが元になって起こる病気ですので、体の症状が最初に現れ、悪化すると心の症状が現れるということがほとんどです。

症状が軽いと心の症状は現れないことも多いのが特徴です。

 

一方、うつ病は精神的なストレスが原因の病気ですので、心の症状が強く現れます。

精神面での不調が体に影響することで不眠や倦怠感、食欲不振に繋がりますが、自律神経失調症に多い「めまい」や「体温調節機能低下」といった症状は現れないことが多いようです。

ただし、うつ病の中には心の症状はがほとんどなく、体の症状がメインとなる「仮面うつ」の場合、自律神経失調症と区別が付きにくくなります。

また、症状の出方には個人差があり、自律神経失調症でも心の症状が強く出る場合もあります。

 

うつ病は悪化すると命に関わる

自律神経失調症とうつ病の最大の違いは、うつ病は悪化すると「希死念慮」「自殺企図」といった「死にたい」という気持ちがつよくなり、実行してしまう事もあるということです。

もちろん、自律神経失調症も「めまい」や「ふらつき」がひどくなると交通事故などを起こす可能性があって危険ですが、うつ病の場合は「能動的に」命を危険にさらしてしまいます。

 

まとめ

さまざまなストレスに溢れている現代社会では、どんな人も常に「身体的ストレス」と「精神的ストレス」を抱えています。

そのため、自律神経失調症やうつ病の症状が出ても、自分ではどちらにかかっているかを判断することができません。

とはいえ、どちらの病気でも放置すれば悪化し、ときには命に関わることもあるので、自律神経失調症やうつ病のような症状があるときは、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

緊張や不安を感じるとお腹の調子が悪くなる、リラックスした気分で食事をすると消化が良くなるという話を聞いたことはありませんか。

これは、交感神経が活発になると腸の活動は低下し、副交感神経が活発になると腸の活動も活発になるという関係にあるからです。

しかし、最近の研究では腸が自律神経によって制御されているというだけではなく、もっと深い関係があるのではないかといわれています。

 

腸と自律神経の関係

人間の精神と感情に関わる「神経伝達物質」

脳の神経を通って情報を伝達する「神経伝達物質」は「脳内ホルモン」とも呼ばれ、その働きは種類によって異なります。

なかでも、運動機能や意欲に関係する「ドーパミン」、体を興奮状態にする「ノルアドレナリン」、精神的な安らぎや睡眠に関係する「セロトニン」は三大神経伝達物質とも呼ばれており、ノルアドレナリンは交感神経、セロトニンは副交感神経を活性化させる役割を持っています。

そのため、ノルアドレナリンが過剰になったりセロトニンが不足したりすると自律神経のバランスが崩れ、情緒不安定、不安やイライラ、不眠などの症状が現れます。

 

セロトニンは腸で作られる

不眠や情緒不安定を改善する方法としては、ノルアドレナリンの分泌を抑えるか、セロトニンが不足しないよう分泌量を増やすかの2通りがあります。

しかし、ノルアドレナリンは仕事や日常生活での失敗などで受けた精神的なストレスだけではなく、パソコンやスマホなどの光の刺激、強すぎる冷暖房といった物理的ストレスでも分泌されるため、分泌量を減らすことは難しい傾向にあります。

一方、セロトニンはほとんどが腸で作られていますので、腸内環境を整えることでセロトニンの不足を補うことができるといわれています。

 

腸内環境改善の効果

セロトニンは食物のタンパク質に含まれる「トリプトファン」を素に作られるのですが、腸は食物のタンパク質を分解・消化してトリプトファンを分離する働きを持っています。

腸内環境が悪化すると分解や消化の機能がうまく働かなくなるため、トリプトファンが分離させず、セロトニンの生産量も減少してしまいます。

また、腸内環境が悪化した状態は便秘や腹痛、ガスがたまるといった体の不調を招きま、ストレスとなってノルアドレナリンの分泌量を増やしてしまいます。

これが、腸内環境の改善が自律神経のバランスを整えるために有効といわれる理由です。

 

まとめ

腸内環境を改善しても副交感神経の働きは活性化しない説もありますが、腸内環境をよくすると体調がよくなり、日頃のストレスが軽減されるのは確かですので、生活の質を向上させるためにも、腸内環境の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。

腸の働きをよくする健康食品やサプリメントも数多く販売されていますので、腸内環境改善に興味のある方は、弊社に一度ご相談ください。

3 / 18712345...102030...最後 »

PAGE
TOP