Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > Q&A > 交通事故でケガをしても、接骨院で施術できますか。

交通事故でケガをしても、接骨院で施術できますか。

交通事故でむち打ちや打撲を受けた場合も、接骨院で治療を受けることができますが、病院や理学療法士による治療とは異なる点が多く、利用することでトラブルが生じる可能性があります。

 

自動車保険で補えないことがある

接骨院で施術を行うのは、医師ではなく柔道整復師という専門家です。

治療内容によっては健康保険が適応されますが、柔道整復師が行うのは「医療類似行為」となっているため、自動車保険の会社によっては保険料の支払い対象にならないということがあります。

治療を受けに行く前に、接骨院での治療費が自動車保険によって支払われるか、加害者と被害者のどちらが負担するかなどを確認しておきましょう。

 

まずは整形外科を受診

柔道整復師は、ある一定の医療的な知識を有して治療をおこなう補完医療の専門家ですが、医師ではないため、保険料の受け取りに必要となる「診断書」を発行することや、レントゲン検査や投薬などを行うことができません。

人身事故として保険料を受け取るには医師の診断書が必要となるほか、後遺障害等認定請求の際も「治療経過」や、受傷当初の「画像診断」「投薬の有無」の資料が必要となります。

接骨院では画像診断や投薬が行えないため、資料を揃えることができませんので、適切な賠償を受けるだけではなく、体の正確な状態を知り、症状に合った治療を受けるためにも、まずは整形外科を受診してください。

 

医師に事前に相談する

病院で診断や治療を受けた後、痛みの緩和のために接骨院を利用したいと希望する場合は、事前に医師に相談しましょう。

医師の中には接骨院での治療を信用していない人もおり、許可なく接骨院を利用すると医師との関係が悪化することがあります。

また、交通事故の後遺症を、接骨院で受けた施術による受傷と医師が判断した場合、後遺障害等認定請求を行うことができなくなるため、接骨院受診の前にキチンとした検査を受けておくことも重要です。

さらに、病院と直接的な関係のない独立した接骨院は、病院内で働いている理学療法士のように情報が共有されていないため、適切な治療を受けるための紹介状や同意書を医師に発行してもらうとよいでしょう。

 

 

まとめ

病院にに比べると接骨院は利用できる時間が長く、土日も利用できる接骨院もあるため、仕事をしている人でも利用しやすいという利点がありますが、接骨院での施術に対しては治療費を払えないという保険会社があること、接骨院を利用したことで医師との関係が悪化する場合があることに注意が必要です。

また、そもそも健康保険の適応を受けることができない整体院やカイロプラクティックでの施術は治療費を請求することができません。

名前が似ており、接骨院・整骨院と間違えやすいため注意してください。

一覧に戻る

PAGE
TOP