Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > Q&A > ダイエット > ダイエットに食事制限は必要ですか?

ダイエットに食事制限は必要ですか?

ダイエットといえば食事量を減らす、一食をダイエット食品に置き換えるなど、食事制限をイメージする人が多く、実際にダイエットに成功した人の多くが食事制限を行っていますが、好きなものを食べることができない、食事量を減らしたことで空腹感を覚えるなど、食事制限によるストレスでダイエットを断念してしまう、食事制限の反動で食べ過ぎてしまう原因ともなります。

はたして、ダイエットに食事制限は必要なのでしょうか?

 

食事制限の必要性

ダイエットに重要なのはカロリーの管理

そもそも、人間はなぜ太るのかというと、運動や日常生活で消費するカロリーが食事で摂ったカロリーより少なく、余ったカロリーが「万が一の備え=脂肪」として体に蓄えられてしまうからです。

一方で、摂取カロリーが消費カロリーを下回っている場合、体は脂肪を消費して足りないカロリーが補うため、一日のカロリーを「摂取カロリー<消費カロリー」の状態になるようにコントロールすれば、体は痩せていきます。

摂取カロリーを減らすには、食事をダイエット食品に置き換える、一食抜き、食事量を減らすなどの方法があり、消費カロリーを増やすには、ウォーキングやジョギングなどの運動を行う方法があり、カロリーコントロールさえできればどちらの方法でも痩せることができます。

 

食事制限が選ばれる理由

消費カロリーを増やせば痩せることができるため、運動で多くのカロリーを消費できる人であれば、ダイエットに食事制限は必要ないということになりますが、実際は「ダイエットに食事制限は必須」といわれており、精神的なストレスが大きく、リバウンドしてしまうリスクもある食事制限のほうが、運動によるダイエットよりも選ばれています。

なぜなら、ケーキ一個分相当の400キロカロリーを消費するには、ジョギングを1時間しなくてはならないといわれており、時間や消耗する体力などを考えると、効率が良い手軽な方法とは言えず、「運動をするくらいならケーキを我慢したほうがマシ」となるためです。

運動と食事制限を組み合わせることが理想的ですが、食事制限と運動のどちらかだけを行うとしたら、食事制限の方が効果を早く感じることができます。

 

食事制限の注意点

運動に比べてダイエット効果が早く表れる食事制限ですが、食事量を減らしたことによって起こる栄養不足には注意が必要です。

特に、元々の食事量が少ない人や、食事内容が偏っている人が食事量を減らすと、摂取カロリーだけではなく、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素まで不足してしまう可能性が高く、病気を引き起こす原因となってしまいます。

単に食事量を減らすのではなく、カロリーの元となる炭水化物や脂質を減らし、たんぱく質や食物繊維はしっかり摂るという、食事内容の見直しも必要です。

まとめ

ダイエットに食事制限は必要というわけではありませんが、運動だけでダイエットを行うのは難しく、食事制限を行った方がダイエットの効果を早く感じやすいということから、食事制限は非常に重要といえます。

ただし、間違った方法で食事制限を行うと、リバウンドを招くだけではなく、栄養不足などで健康を損なってしまうため、食事制限を行うときは栄養バランスに注意をして取り組んでください。

また、一日の摂取カロリーが1500キロカロリー以下の人の場合、食事制限を行うと筋肉が減ってしまう可能性が高いため、食事制限ではなく運動でのダイエットの方がおすすめです。

一覧に戻る

PAGE
TOP