Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > Q&A > 顔のたるみや小顔に効くと言われる、「あいうえお体操」とは何ですか?そのコツは?

顔のたるみや小顔に効くと言われる、「あいうえお体操」とは何ですか?そのコツは?

顔のたるみや小顔に効果があるといわれている「あいうえお体操」は、「あ・い・う・え・お」の表情を10秒ずつキープすることで口周りの「口輪筋」や、顔の「表情筋」を鍛える体操です。

道具は一切使わず、かかる時間も3分程度で、頬のたるみや、肌のくすみを改善する効果があるといわれています。

 

あいうえお体操のコツ

「あ」のコツ

顔全体の筋肉を使って、目と口を大きく開けます。

顔を筋肉で外側に引っ張るようなイメージで行うとよいでしょう。

顎関節症などがある人は痛みがない程度に留めておいてください。

 

「い」のコツ

口を思い切り横にぐっと引っ張るイメージで開けます。

口の周りだけではなく、頬骨のあたりの筋肉も意識してください。

奥歯をかみしめるのではなく、歯を出して微笑んでいるような表情を意識するとよいでしょう。

 

「う」のコツ

顔のパーツを中心に集めるようなイメージで、口をすぼめ、唇をできるだけ突き出します。

 

「え」のコツ

笑顔を作るように口角を引き上げ、顔のパーツを外側に引っ張るイメージで口を開きます。

目の周りの筋肉も意識するとよいでしょう。

 

「お」のコツ

上唇をできるだけ前に突き出しながら、口を縦に大きく開けます。

ほうれい線をきれいに伸ばすようイメージするとよいでしょう。

顎関節症などがある人は、痛みのない範囲で行ってください。

 

さらに効果を高める方法

二重あご対策には上を向くと効果アップ

前を向いた状態で行うのではなく、上を向いて「あいうえお体操」を行うと、口の周りだけではなく、首の筋肉も鍛えることができるため、二重あご、フェイスラインのたるみ解消効果がアップします。

天井を向いて行うため、ふらつく可能性がありますので座った状態で行うとよいでしょう。

 

「え」は舌を出すと、二重あご解消効果アップ

「え」の体操のとき、舌を思い切り「べーっ」と出すと、頬の下側とあごの下の筋肉が引っ張られ、二重あご解消効果がアップします。

 

「あいうえお体操」の前に首のストレッチをする

「あいうえお体操」の前に首をストレッチしておくと、血行が良くなるため体操の効果が高まります。

 

1:左手を右の耳の上に添え、手の重みだけで首を伸ばして30秒キープ。

2:手を少し後にずらし、首の後ろ側の気持ちいいと感じる部分も30秒伸ばす。

3:両手を頭の後ろで組み、手の重みだけで首の後ろ側を延ばして30秒キープ。

4:反対側も同じように行う。

 

息は止めず、ゆっくり呼吸しながらストレッチしてください。

 

実際に声を出す

「あいうえお体操」は実際に声を出さなくても行うことができますが、声を出したほうが効果があります。

声を出す時は、お腹から声を出すようにすると良いでしょう。

 

まとめ

「あいうえお体操」は、1日10回程度行うと効果が出やすいといわれています。

しっかり行えば3日程度で効果を実感できるといわれていますので、お風呂に入りながらや、テレビを見ながらなど、気軽に始めてみてはどうでしょうか。

 

一覧に戻る

PAGE
TOP